退院!

更新が遅れ遅れになっていましたが、やっと退院の記事まで書くことが出来ました。

途中、色々とコメントを頂き、励まされ、同じ境遇の方のブログを辿っては勇気を頂きました。

インターネットの普及していない時代だったら、ブログで皆さんがこうして情報を受発信している時代じゃなかったら、そして・・・

未熟児医療が発達して1,000グラムにも満たない赤ちゃんの救命率が格段にあがっていなかったら・・・・

どれひとつ欠けていても私も妻も、そしてあーちゃんもこうして自宅に笑顔で帰ってきて毎日奮闘する事はなかったでしょう。


あーちゃん退院!


様々な試練と偶然と必然の中で・・・あーちゃんは無事に帰ってきました。

今は振り返って本当に感謝感謝の気持ちで一杯です。

と同時に少しビハインドを背負った我が娘の生育・成長を暖かく見守ってあげなくてはいけません。

私は、娘には「はやく!」と言わないつもりでいます。

せっかちな娘は、この先同期のコに追いつこうと走るでしょう。焦るでしょう。頑張るでしょう。

私は「よそのコと比べる事無く個性豊かな娘に育てよう!」とNICUで娘と約束しました。

そんな娘の育児日記を続編として違うブログで引き続き綴ろうと思います。 

 ここまで、このつたないブログに目を留めて、読んで頂いた方々、コメントを下さった方々ありがとうございました。

以降、準備が整い次第、以下のブログで続きを綴る予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。



あーちゃんと行こう!〜せっかち娘の育児奮闘記〜


タグ:未熟児 育児

退院・・・の前の手術!

手探りの中、あっという間に終わった「母子同室」。

後は順調に退院の段取り・・・というはずでした。

しかし・・・よくよく確認してみると、あーちゃんは「小児鼠蹊(そけい)ヘルニア」だそうで、手術が必要との事。しかも両足・・・。

NICU→リカバリー室→手術→退院のスケジュールになる模様で、退院は一時お預けに・・・。

二泊三日の手術の後に退院となる運びです。

今のうちなら痛みも少なくやっておいたほうがいいという事ですので、ここは心を鬼にして治してもらうことにしました。

予測もしていなかった手術ですが、未熟児には多く見られる症状で手術するコも少なく無いとか。


お医者さんに説明を受けるのも何度目か・・・でもだいぶ肝が据わってきたような気もします。


 小児鼠蹊(そけい)ヘルニアって?

  ↑ このサイトを参考にしました。少し難しい内容です。




☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 こざるの生活 子育て日記

 ☆ 今そこにあるHappy ☆

 

母子同室

忙しすぎる毎日の中で、娘あーちゃんは無事に自宅に帰ってきました。

それまでのいきさつが毎日の忙しさに追われてアップできずにおりました。
毎回、暖かいメッセを頂いている皆様にもご心配をおかけした皆様にもご報告が遅れてしまいました。

そこで、少し事後報告にはなりますが早く現状に近づくまでをアップしていきますm(__)m


直母・沐浴と課題の多いあーちゃんですが、母子同室のスケジュールが組まれました。

「母子同室」という事だったので、てっきり父親はダメなのかと思ったのですが、両親で大丈夫!との事で一安心。
もう少し、違うネーミングのほうがいいのでは・・?

それにしても緊張します!
普段は決まった時間にコットの中の娘に会いに行くだけでですが、今回は24時間の同室体験!

そこで今回は土曜の昼から日曜の昼までの予定にしました。
夜中はどんな感じなのか?暗くなっても平気なのか・・・?不安よりも興味や楽しみのほうが大きかったです。

母子同室

そんな事とは知らない娘はまずはおお泣きでお出迎え(笑)
先行きも不安になるのかと思いきや、すぐに爆睡・・・

適度に緊張したままミルク→オムツ交換と淡々と過ぎていきました。
部屋で食べるお弁当もそこそこにやはり娘の動きが気になります。

夜になって妻から、「せっかくだから一緒に添い寝したら・・?」
の嬉しすぎる提案がありました。
勿論断る理由もなく、迷わず添い寝して夜を明かす事にしましたが・・・。

あーちゃん

そこは妻の妻なりの作戦がありました。
あーちゃんが3時間おきに定期的に目を覚まして泣くのですが、その一連の夜の子守を押し付け(?)た訳です!

少し寝不足にはなりましたが、父親としての実感をしっかりとかみ締めるには十分すぎる一夜になりました。

沐浴練習!

なかなか、直母で飲めないあーちゃんですが、退院に向けての続いての難関は「沐浴」です。

体重ももうすぐ2,000グラム間近になってきました。退院の目安は2,300グラムを超えた辺りですのであと2週間ほどでしょうか・・?

おそらく退院した後は、父親の担当になりそうな雲行きですのでしっかりと覚えておきたいのですが、まずは毎日通う母親に対しての沐浴講習です。

・・・で、その沐浴の最中、お風呂の中でママの手の中でウンチをしてしまったそうです。ま、気持ちいいのは判るんだけど、講習中にお風呂の中でするなんて・・・大物だなぁ。


笑ってはみましたが、次週は私の番。それが終わるといよいよ母子同室。ここにも無理やり参加してその後で退院の運びとなります。


長かったNICU生活もそろそろ終わりが近づいてきました。あーちゃんも順調に成長してくれているようです。

それにしても、沐浴が上手く行くかどうか不安ですね。首がグラグラして怖かったってうちの奥さんに脅かされるし・・・。


☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 我が子誕生心待ち日記

 SUNの部屋

 素敵なママになるために頑張ります☆

 こはやかわ家の日常

 朝の陽だまりの中で

 ごみしん日記

タグ:沐浴

経口哺乳!授乳訓練!

保育器から無事に卒業した娘の次の難関は・・・「ミルクを飲むこと」です。

保育器時代は管を通じての授乳でしたが、経口哺乳の練習をしなくてはなりません!
いよいよ直接ミルクを飲むわけですが、退院までのあいだに哺乳瓶→直母へとステップアップしていかなければなりません。

うちのあーちゃんは、すぐに管を外す事が出来たので安心したのですが、なかなか直接乳首を吸ってはもらえないという事でした。

あらかじめ搾乳しておいた母乳を哺乳瓶経由で飲む事は徐々に上手になってきていると言う事なのですが、直接だと上手く咥えてもらえないらしのです。

全く想像もつかないのですが、何か哺乳瓶と乳首は大きく違うのでしょうか?

自分の娘が直接哺乳する姿を夢見る妻としてはここ当面の大きな悩みだと思います。



☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 ふたご日和

 『小さなさぁちゃん』 のんびり日記

 いつきROOM

 あおい育児日記
 
 「こまる」ママ、こまった?

保育器卒業!

カンガルーケアの甲斐もあってか、あーちゃんの体重も見違えるようにグングン増えていきました。

最初にカンガルーした時の体重が、1,550グラム位でしたが、2週間程で1,890グラムにまで大きくなりました。

そこでようやく、足に酸素の機械が付いたままではありますが保育器を卒業する事となりました!!

生まれてすぐ対面したのが、保育器の中の裸の娘でしたので服を着て目の前にいる姿を見たときの気持ちは何とも言い表しようがありません。

照れくさいような嬉しいような・・・不思議な気持ちになりました。





☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m



 KOKOママ日記

 道産子の博多弁

 愛☆尚バタバタ日記

 Happy Days

 アオちゃん子育て奮闘記

 小さくたっていいんじゃない?!☆

 忙しくなってきた〜

 Twins flap!

 ふたごなまいにち〜趣味は育児です(笑)♪♪〜

 マダムよち子行き

 ピンクなパンダ

 

カンガルーケア!

あーちゃんのいるNICUでは、カンガルーケアが出来ます。

1. 週数が30週以上

2. 先生の許可がある

3. カンガルーケアを希望している

この条件がクリアされて、カンガルーケアが実現します。
しかしながら、希望されない方もいらっしゃるという事です。

子供にもお母さんにも良い相乗効果があると言う事でも色々な考え方があって、難しいんだなぁと思います。

実際に聞いてみると意外に簡単に「OK」が出ました。

しかも・・・・母親だけじゃなくって父親も可能!?

てっきり母親のみの特権と思っていたので、びっくりと同時にニンマリしてしまいました!

予約も取れて、週末に実施の予定となりました。
まずは母親から次の日に父親が・・・という順番になりました。

「娘はどんな感じなんだろう?」

上手く言えませんが、こんな気持ちで当日までの時間がとっても長く感じました。


さあ・・・いざ母親と娘のカンガルーケアが始まると保育器から出て身近に迫った娘に感動してしまいました。
要領のつかめない娘の呼吸が安定しませんが、そのうちに落ち着いてきます・・・。
ずっと胎内にいたので、心拍音を懐かしんでいるのでしょうか・・。



あっという間の一時間が過ぎて夫婦揃って新鮮な感激に包まれました。

こんなに近くで娘を見るのは初めての事でまじまじと見てしまいました。



翌日、要領を掴んだ私の番です!

いざ娘が・・・・やって来ると意外と難しいものです。
居心地の良いポジションを探るのに時間がかかりましたが、何とか落ち着いてくれました。



終始落ち着いていてはくれましたが、やはり母親とは勝手が違っていたようです。



☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 カンガールーケア「自分の子を実感」 共同通信社

 YUINON

 818gの成長記録

 くらあん日記 その3 〜こころのおく〜

 ★妊娠までのあゆみ★〜しあわせ育児編〜

 快適♪OL生活〜気ままな投資日記

 元気に子育て 〜プレママRIKAのHAPPY LIFE〜

 未熟児ママのつぶやき

 けんみやの奮闘記

 どこ積み?どこ卸し?




眼底検査

NICUの入院もはや一月半程になりました。

週数で言うともうすぐ34週、体重も1,000グラムを超えて最初の頃とは桁違いなペースで増え続けています。

昨日現在の体重は、1,480グラム。あまりのペースの速さに血液の製造が追いつかない為、「エスポー」という貧血改善の注射もする位でした。

すこぶる順調に見えるあーちゃんなのですが、今日は眼底検査がありました。

目に軟膏をいっぱい塗られて、テカテカしていて痛々しかったのですが、実際にとても痛いそうなのです。(看護士さんが言ってました。)

小さい体全身で痛みをこらえているのは胸が締め付けられるほど苦しいのですが、発育が順調そうに見えても、未熟児にとって視力や脳などは重要な問題になることが多いようなのでまだまだ予断を許しません。


☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 やこのひとりごと★☆

 サラリーマン戦士の生態

 くぼっちと愉快な仲間たち!!

 818gの成長記録

 

お引越し!



NICUに入院した頃は、周りをキョロキョロする余裕も無く、(あまりキョロキョロするのも不謹慎ですが・・・)ただただ目の前のあーちゃんと主治医さん看護士さんの説明に食いつくように聞き入るのが精一杯でした。

最近は、慌しく動いている看護士さんの様子も判る様になってきて段々余裕も出来てきました。

そんな中、あーちゃんがお引越ししました。
・・・と言っても同じNICU内でのお引越しなのですが。

あーちゃんがお世話になっているNICUは、中で2室(A室、B室)に分かれていて、症状の重い赤ちゃんがA室で、軽くなってくるとB室に移動になります。

あーちゃんは生まれてすぐにA室に入院していたのですが、呼吸の大きなトラブルも無く、黄疸も症状が軽く、体重も増加傾向で安定してきたという事もあって晴れてB室へお引越しとなりました。

「まだNICU室の中にいる事は変わりないじゃないか」
と言われてしまえばそれまでですが、この数十センチ手前のガラス越の隣室に移る事は非常に大きな事なのです。

切羽詰った状況から少し改善された事は事実で、それはそれで大変嬉しいのですが、B室に移って感じるのは看護士さんが少々「冷たい?」と感じた事が残念です。

赤ちゃん一人当たりの看護士さんの数が全く違う感じがしますし、A室の時のように手厚い看護を望むのは酷なのかもしれません。

まだ先なのですが少しづつ退院後の事も考え始めないといけないのかも知れません。

祝!一ヶ月!



あーちゃんが生まれて一ヶ月が経ちました。

ここまで必死であっと言う間で・・・息つく暇もありませんでした。

心配していた体重もぐんぐん増えてきています。痩せ細ってガリガリだった頃からすると大分ふっくらとしてきました。

お腹の中に居れば今日でちょうど31W0D。

未熟児は修正月齢で数えるのだそうですが、世の中でのあーちゃんはあくまで「生まれて一ヶ月」なのです。

やはり小さく生まれてきたのでハンデはあると思いますが、

「無事が何より」です。


☆ 今回もネットで色々と勉強させていただきました。
  参考になったみなさまの記事にTBさせて頂いております。(順不同・敬称略) m(__)m


 ロングりょうこの子育て日記

 楽しくマタニティ&ベビーライフ

 あいママの初めて育児日記

 出生体重575gの超未熟児 リカ

 −DiamondDays−

 ぐわしんしょうたん

 なんてことない日記

 ☆早産なんかに負けない!☆

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。